プロフィールビデオで式に感動をもたらす|ビデオがもたらす感動嵐

個性がわかる

新婦を抱き上げる新郎

結婚式ビデオの種類について

今や結婚式ビデオを制作して披露宴で流すという演出は、定番になりつつあります。新郎新婦の個性が伝わってくる演出と言えるでしょう。ビデオは、いつ上映するか、どんな内容にするかというのがポイントです。あまり長すぎてもゲストを飽きさせます。例えば、プロフィールビデオというのがあります。これは、新郎新婦入場の前後に一般的には流されるものです。簡単な自己紹介といったところでしょうか。自分たちのことを知ってもらうには、映像化することが一番です。また、エンドロールビデオというのもあります。これは式の様子を撮影したものを、当日の最後に流すというものです。その日の結婚式の感動を再度味わうことができるような内容になっています。

手づくりや外注する人も多い

大抵の結婚式ビデオは、式場のスタッフにまかせれば制作してくれますが、これらの映像関係の演出というのは、他の演出に比べても結構金額がかかるものです。知り合いに機械などに詳しい人がいる人は、結婚式ビデオの制作を頼んだりする人もいるようです。また、別の映像製作会社などに外注して頼む人も多いようです。結婚式ビデオはあくまでも自分たちを紹介したり、みんなに楽しんでもらうものなので、あまりこだわりすぎたりすると、肝心の新郎新婦に目がいかなくなってしまいます。その辺のことも良く考えてビデオ制作をすると良いでしょう。 ビデオ内容は、二人の個性に合わせると良いでしょう。シックなものもあれば、かわいらしいものもありますし、オシャレっぽいものもあります。